住環境ネット水廻りキッチンベッドルームリビング

リフォーム・新築・改築など、すまいに関するあなたの夢を私たちといっしょにかなえませんか?

HOMEすまいづくりワンポイントイベント告知法人概要お問い合わせ


 

>Part3 住宅設計のワンポイント

私は早稲田で建築を学んだ後42年にわたって建築の設計に携わってきました。

様々な建築に係わってきましたがその中でもマンションや住宅を多く手がけてきました。
現在は住宅の設計だけをやっています。
住宅の設計は責任も重く個人の意思が大きいので大変難しいものですがそれだけに
建て主との共同作業がうまくいけば大変楽しいものです。
私の設計方針は99パーセントの建て主の要望を聞き1パーセントの自己主張を目標にしており、
住宅の基本事項、安全性、耐久性、利便性、健康性、経済性をあらゆる面から細かく検討し
経済的で確かな住宅を設計したいと思っています。

では住宅設計についてのワンポイントを気がつくままに


<その1>
まずデサイン(特に外観)はもちろんその人の好みやこだわりがありますが、
あまり特殊な色や形にしますと飽きが来るので気をつけましょう。
むしろ平凡な形でも気品のあるほうが飽きがきません。


<その2>
利便性(機能性)は当然重要な事ですがあまりに追求しすぎると生活をしていて
味が無い事に気づきます。住宅は不便なところに楽しみや味があるものです。
プランを考える時、利便性ばかりに頭がいってしまいがちなので気をつけましょう。


<その3>
安全性の中に防犯があります。防犯の為、窓や出入り口に面格子やシャッター、
鍵等を厳重に付け過ぎて、いざ自分が逃げようとすると直ぐに逃げられないと言う事に
出来上がってから気が付く事があります。
必ず火事や緊急の場合に逃げられる所を1箇所作って置きましょう。
例え2階建てでもベランダには非難梯子を設置しましましょう。


<その4>
健康性の中に換気の問題があります。現在の住宅はサッシュや工法の発達によって
大変機密性が良くなっています。その為防音性も大変よくなっていますが換気も大切です。
外部からの雑音を防いだり内部のピアノの音を出さないように設計しますが換気の為
一般的な換気口を付けてしまいますと音がここを通して抜けてしまい防音の効果が失われます。
必ず消音付きの吸気口にしましょう。
そして排気は強制排気とし階段等家全体の排気を内部のドアからできるようにしましょう。


<その5>
最近内装の壁材はクロスが多くなっていますが塗り壁を見直しましょう。
その中でも近頃評判になっているのが火山灰を主成分としたアッシュライトと言う製品です。
これは光を当てるとマイナスイオンが出て悪臭等を分解吸収すると言う優れ物です。
トイレの壁やタバコを良く吸う部屋など効果的です。

住環境ネットでは、建築に携わるそれぞれの道のプロを擁し、
さまざまな角度から快適な住まいづくりの相談役として、活動を行っております。
リフォームや改築・新築などのご相談・お問合せなどはおきがるにどうぞ。



© 2004 JYU-KANKYO-NET and 住環境ネット. All rights reserved.